専業主婦でもお金を借りられる?カードローンをお探しの方のために、カードローン会社を比較しています。審査が甘いというわけではありませんが、金利や返済方法などを比較し、無理なく借りれる会社を選ぶことをおすすめします。銀行カードローンなら専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明書が不要でも申込める

はじめてのカードローン~専業主婦がお金を借りるには~

当サイトは、専業主婦でも借りれるおすすめカードローン会社を紹介しています。

はじめてカードローンを利用する専業主婦の方が安心してお金を借りれるように
カードローン会社の選び方や、各会社の特徴などを比較し、わかりやすく解説していますので
お金を借りる前に参考にして頂けたらと思います。

また、カードローンの仕組み金利・利率など
お金を借りた場合の返済シミュレーションなどもわかりやすく解説しているので
そちらも読んでからカードローン会社にお申し込みをしてください。

カードローンとは

カードローンについて説明カードローンとは金融機関から無担保でお金を借りることができ、返済するときは分割で返すことが可能な融資のことです。
ローン用にカードを作って利用することから「カードローン」と言われており、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などが発行しています。

テレビCMでも見たことがあると思いますが、一番身近なお金を借りる方法として知られています。

カードローンとは金融すべての商品のことで、大きくわけて3種類あり、借りる目的が明確になっている使途無制限・毎月決まった額を返済していくリボルビング払い・カードローンを利用する際に保証人や担保を必要としない無担保になります。

では金利についてお話します。

どの金利を見ても○%~○%と書かれていますね。
これは審査で決まるのですが、借入額や借入れする人の信用度などが基準となります。

場合によっては、金利が低いカードローン会社を選んでも金利が高くなることもありえるのです。

大切なのは自分がどの金利に適用されるのかということです。
少ないですが金利の詳細がちゃんと載っているところもありますのでそれをもとに判断するとよいでしょう。

カードローンは系列によって違います。

銀行系のカードローンは、審査は厳しくなりますが金利が低めです。銀行ですので安心感もあります。

信販系のカードローンは、クレジット会社が扱うカードローンで、会社によって金利の差が大きいですが審査は比較的やさしめです。

IT系カードローンは、IT企業が扱っているカードローンで店舗がないため主にネットでの申し込みになり金利も低めです。

消費者金融系カードローンは審査基準が低く、対応が早いですが金利は高めになります。

カードローンとキャッシングは似たように思われますが実は返済方法が異なります。

カードローンは主にリボ払いですがキャッシングの場合は翌月に分割か一括での返済になります。

利用する際は審査を受ける必要があり、あなたの年収やパートナーの収入・報をもとに審査を行って、金利や限度額が決まります。なので、いくらまで借りられるかについては個人個人違います。

主婦でもカードローンを利用できるの?

主婦でも借りれるの?

主婦の方もお金が必要になって、キャッシングやカードローンでお金を借りたいって言うときがあると思います。一家の家計を担当している主婦だと特にあるのではないでしょうか。

しかし、問題は「収入が少ない、もしくは仕事をしていない(無職)専業主婦でもお金を借りられるのか?」ってことだと思います。

主婦でもカードローンを利用してお金を借りることができます!
※審査を通過しなければお金を借りることはできません。

まず、パートやアルバイトをしている主婦の場合、月に6万円とか12万円とか、パートで稼いだお給料がありますよね。これが定期収入となるので審査を通過すれば、ローン会社からお金を借りることが出来きます。

パートと言えどもちゃんと働いて定期収入があるのですから、その収入に見合った金額は借りられるという訳です。
目安としては年収の3分の1までですので、毎月のお給料が10万円だとしたら、年収120万円ですのでその1/3の40万円程度が限度額として借りられる可能性はあるという計算になります。

実際のところは審査でどうなるかわからないですが。

パートやアルバイトなど、仕事をしていない専業主婦の方でも、夫がちゃんと働いていて収入があればカードローンを申し込むことができます。
ただし、銀行によっては専業主婦の扱いになり上限が50万までと決まっているところもあります。
また、保証人が必要になったり、金利が異常に高かったりする場合もあるでしょう。

専業主婦の場合どこでも借りられるという訳ではなく、銀行が発売しているカードローンなら借りることが出来ます。
消費者金融系のカードローンは、総量規制というものが導入されたことにより、専業主婦の方は借りづらくなっていますからね。

なので、専業主婦の方は銀行のカードローンに申し込みするといいですよ。

他にも専業主婦ならではの疑問については「カードローンQ&A」にて解説していますので、ぜひご覧ください。

専業主婦は何を基準にカードローン会社を選ぶ?

ローン会社の選び方専業主婦がカードローンを利用する場合、金利が安いところを探している方もいれば、即日融資が可能なカードローン会社を探している方もいるでしょう。
また、仕事をしていない専業主婦でも借りやすいカードローンを探している方もいると思います。

専業主婦必見!カードローンの上手な選び方は?

金利と利用限度額に着目

カードローンからお金を借りる時に気になるのが利息はどのくらいなのか幾ら借りられるのかです。
カードローンで支払する利息が決まるのは金利、幾ら借りられるのか決まるのが利用限度額です。
そのためカードローンを選ぶ時は金利と利用限度額に着目します。

そのために、カードローンには大きくわけて3つの種類があります。

  • 銀行や、信用金庫などが発行している銀行カードローン
  • 信販会社やクレジット会社が発行している信販系カードローン
  • 消費者金融会社が発行しているカードローン

審査の基準が、銀行カードローンが一番厳しいと言われており、次に信販系カードローン、次に消費者金融系のカードローンの順となっています。

銀行カードローンよりも、消費者金融系のカードローンの方が審査が甘いと言われていますが、誰でも簡単に借りれるということではなく、当然ですがしっかり審査に通過した場合にお金を借りることができるのです。

消費者金融系は審査がスピーディーと言うメリットがありますが、金利が高いというのがネックになってきますね。
早いところだと、最短30分で審査結果の回答が得られるカードローン会社も多いです。
とにかく急ぎでお金を借りたいと言った時は消費者金融系のカードローンが便利です。
その代わりに銀行系と比べると金利が高め、利用限度額も低めと言うデメリットがあります。

銀行系は金利が低く利用限度額が高いと言うメリットがあります。
銀行の中でも特にネット銀行のカードローンで金利が低くなっています。

利用限度額は高いところで最大1000万円の銀行系カードローンがあり信用力や返済能力次第では大きなお金を借りる事が可能です。
その代わりに消費者金融系より銀行系のほうが審査が厳しく時間が掛かると言うデメリットがあります。

要するに、銀行カードローンは審査が厳しいけれども、比較的低金利でお金を借りることができ
消費者金融系は、銀行カードローンと比べると金利が高め、利用限度額も低めと言うことになります。

中には消費者金融系カードローンと同じく最短30分で審査結果を回答すると言う銀行系カードローンもあります。
お金を借りたい時、審査がスピーディーなところを利用したいのではないでしょうか。

しかしながら、できるだけ金利が安いところでお金を借りたい方は、銀行カードローンから申し込みをして、即日融資して欲しいなら消費者金融系カードローン会社に申し込みをしてみてください。

その他の選び方

金利や利用限度額の他にも借入方法や返済方法、お申し込み方法などで選ぶと言う方法もあります。

口座にお金が必要な時はインターネットでの借入方法、現金が手元に必要な時はATMでの借入方法が便利です。
インターネット環境の無い方は電話による借入方法があると便利です。

返済方法もインターネット、ATM、口座振替など多彩に用意するカードローンが多くなっています。

提携ATMから借入返済すると手数料が掛かるカードローン、掛からないカードローンとありますので事前に確認して下さい。
お申し込み方法もインターネットやお電話、郵送、FAX、自動契約機など様々です。

このうちインターネットなら来店不要でお金が借りられて便利です。
自動契約機ならその場でカードを受け取りする事が可能です。

それぞれカードローン会社のメリットやデメリット、特徴を踏まえ、どこのカードローンを利用するのか決めましょう。

専業主婦でも銀行カードローン会社に申し込み可能

銀行カードローンの申込み資格は、20歳以上で収入がある人です。
申込み方法は、支店の窓口に行かずとも、インターネットからでも申込みできるようになりました。
大手銀行もATMコーナー付近に無人契約機を設置している店舗もあり、
夜間や土日・祝日でも申込みができるようになっています。

申し込みして、仮審査に通過したらローンカード発行ができます。

銀行カードローンは、他のカードローンよりも金利が低いことから、契約希望者は多いものの、消費者金融のカードローンに比べて、審査が厳しい、カード発行までに時間がかかるということで実際に申し込む主婦は少ないそうです。

ですが、最近は「専業主婦/専業主夫でも申込可能」「即日融資可能」「借り換えもOK」といった謳い文句でアピールしている銀行が増えてきました。

銀行カードローンの最大の利点は何といっても金利が他よりも低いことです。

専業主婦の方におすすめのカードローン

アコム|主婦でも借りられる

専業主婦の方にまずおすすめしたいのがアコムです。
アコムは非常のスピーディな対応をしてくれるので、急にお金が必要になった方も大丈夫ですよ。
また、ATMでの借り入れで使うローンカードはクレジットカード機能付きのアコムマスターカードにすることもできます。
クレジットカード機能がついておけばショッピングでも使えて便利ですよね。
海外でもキャッシングできますよ。

≫アコムの申し込みはこちら

プロミスレディースキャッシング|専業主婦でも申込めるカードローン

プロミスレディースキャッシングは女性専用のローンサービスです。
申込時や、借入期間中など、いろいろ相談したいことがあれば女性スタッフが丁寧に答えてくれるので安心ですよ。

いろいろなサービスも充実していて、指定の振込先に指定した名前で振込代行してくれたり、私たちの銀行口座に振り込みしてもらえたり、返済日お知らせメールを送ってくれたりします。

≫プロミスレディースキャッシングの申し込みはこちら

モビット|専業主婦におすすめ

申込確認の電話連絡や郵送物が無しで契約してしまえるのが、モビットのWEB完結申込みです。

ただ、このWEB完結申込を利用するには条件があり、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている方や、本人確認書類の提出などができる方に限られます。
用意できる方はかなり簡単なので利用するといいともいますよ。

専業主婦は審査に通りにくい?

審査が通るか心配の様子

主婦の方がカードローンを使用する際に、総量規制という新たに改正された賃金業法の影響で、現在ローンを組めるのは年収の3分の1までという上限が決められました。

そのせいで専業主婦など収入のない方がカードローンを利用しにくくなりました。
とは言え、パートなど収入のある主婦の方でしたら自分の年収の3分の1まででしたらカードローンを利用できます。

では専業主婦の方はカードローンを利用できないのかと言いますと、決してそうではありません。
どうしても自分名義で利用したいのであれば短期間でもかまいませんのでアルバイトやパートとして働くのも一つの手です。

また、銀行でしたら総量規制の対象になりせんので専業主婦の方でもカードを作ることができます。

ただし、上限が大体30万円までと決まっており、夫の収入証明の書類が必要になります。
詳しくは「カードローン申し込み時に必要な書類」にて説明しています。
いくら夫の収入が多くても専業主婦の方は法律の上ではどうしても無収入者という扱いになってしまいますので無担保のカードローンの利用はできません。

キャッシングについてですが、キャッシングカードは、基本は収入のある人しか利用できません。パートで働いている方でも年収が103万円以下ですと専業主婦扱いになってしまいますので利用できません。

ですが、まったく利用できないわけではありません。女性限定など会社によっては専業主婦でも大丈夫なところもあります。しかし、その際には夫の同意書、年収証明書、住民票などが必要になります。

また、借りた分は夫が返さなければいけなくなる、ということを必ず念頭に置いておいてください。

主婦の方でも利用しやすい女性専用のカードローン

先にも述べましたが、カードローンを利用する主婦の方は増えていますね。
女性の社会進出が進み、女性がカードローンを利用することも珍しくない時代になりました。

以前はキャッシングやカードローンというのは男性が利用するというイメージでしたが、女性がカードローンを利用することも当たり前になりました。
もちろん主婦の方でもそれは同じで家計をやりくりする中でどうしても利用しなければならない場合もありえるのです。

では、カードローンを利用する際の主婦の方に対する待遇とはどのようなものなのでしょうか。

主婦がお金を借りる理由といえば、欲しい物を買うため、時間が空いたからパチンコに行くためなどと思われがちですが実際にそんな理由で利用する方はごく少数と言っていいでしょう。

実際は身内が急病で急にお金が必要になったなどやむを得ない理由で利用される方も少なくないと思います。

計画をまったくたてずに利用するのはどうかと思いますが、ちゃんと月に借りる金額と返済についての計画をたてて利用すれば主婦でも立派な顧客になるのです。

このような背景があるため、銀行や消費者金融系のカードローン会社は、主婦の方に対する待遇はよくなっています。
実際、女性専用のカードローンを設けている業者も増えました。
対応スタッフはすべて女性で、手続きなどもネットで行えるなどしてなるべく出向かなくても利用できるようにしてあります。

審査も通常のものよりも通りやすくなっており、即日融資にも対応してくれます。

このように女性のことを考えたシステムがありますので主婦の方でも利用しやすくなりました。

専業主婦がお金を借りる時のカードローンの審査基準とは

カードローンを契約するには審査に通過しないと契約をすることはできません。
審査基準についてですが、複数の要因がありますので説明したいと思います。

審査の最初の段階で信用情報機関から、申し込みをした人の信用情報を照会することになります。
過去に自己破産や個人再生といって債務整理をしていないかということを確認します。

もしも債務整理をしているのでしたら、カードローンの審査は通過しないと考えておいた方がいいでしょう。

問題なければ本審査になります。

審査

ここから先が返済能力があるのかないのかを見極めることになります。

本審査では、勤務先情報と勤続年数と持ち家か借家か、年収はどれ位あるのかということを審査します。
お仕事をされている場合、勤務先情報はどのような仕事をしているかということです。

公務員や大企業の正社員として働いているのでしたら、安定していますリストラや倒産の心配が少ないことから審査では有利になります。
逆に、派遣社員やアルバイトやパートとして働いているのでしたら、契約がいつまで続くか不透明ですので審査では不利になります。

次に勤続年数ですが、こちらは多い方が有利です。

例えば、勤続年数が10年以上の方と勤続年数が1年の方と比べてみると、その信用度は全く違うのが分かるのではないでしょうか。
勤続年数が長ければ長いほど、これからも仕事を辞めずに続ける可能性が高いと判断されますので、審査では有利になります。
さらに付け加えますと、勤続年数が半年未満の方がカードローンの申し込みをした場合は、審査を通過をしないことがありますので、1年以上は働いてからカードローンを申し込みをした方が無難だと言えます。

持ち家か借家かということについてですが、持ち家の場合は夜逃げをする確率がかなり少ないから審査では有利になります。
最後に年収ですが、もちろん年収が高いと審査で有利になることは間違いありません。

自分で仕事をしている方はいいけれど、専業主婦の場合は借りれいの?

専業主婦でもキャッシングできる「配偶者貸付」と「銀行のローン」

まず「配偶者貸付」というのは、専業主婦専用の総量規制の救済策です。
仕事をしていない専業主婦の方であっても、夫の年収の3分の1以下まで借入れることがきるのです。

たとえば、夫の年収が400万円だとすると、妻が「配偶者貸付」を利用して借入れを行う場合、

夫の年収400万円の3分の1=130万円までなら借入れすることでできるのです。

配偶者貸付を利用する条件

当たり前のことですが
・夫婦関係が確かであること
・夫の収入が安定していること
の2点になります。

そのための必要書類が
本人確認書類以外に、住民票、戸籍妙本といった、夫婦を証明する書類が必要になります。
そして、夫の同意書、夫の収入証明書(所得証明書、源泉徴収票など)です。

銀行ローンを利用する場合

銀行のローンは、「総量規制の対象外」となっているので
審査が通ってしまえば、あなたの収入に関係なくお金を借りることができます。

収入は関係ないとはいっても・・・

実際のところ、あなたの収入がなければ申込めないですが、
銀行によっては専業主婦でも配偶者である夫の収入が安定している場合などには申込めるカードローンもあります。

銀行のローンは、消費者金融系のローンに比べると金利が低いので
専業主婦の方でお金が必要になったらまずは、銀行のローンから検討してみてはいかがですか。

以上が審査基準、条件についてです。

クレジットカード会社は、安定して多くの収入があり、夜逃げの心配がなく継続して働ける人が審査では有利になります。

カードローン契約時に保証人がいらないって本当?

カードローンを利用する時には保証人が必要なのか、とくに専業主婦の方は気になるのではないでしょうか。
では、カードローンと保証人についてこれからわかりやすく解説を致しますので、参考にしてみてください。

カードローンに保証人は必要ない

カードローンを使う時には基本的に保証人は一切必要ありません。
従来のお金を借りるというイメージとしては、やはり保証人をたててさらに担保まで用意をしないとお金を借りる事ができないというものを抱いているケースが多いのではないでしょうか。
しかしカードローンの場合には保証人いらずで自分だけでお金を借りる事ができます。
つまりは、誰にも迷惑をかける事なくカードローンを使えるのです。
そのため、多くの人が気軽に自分だけでお金を借りています。
保証人を用意するとなると大変ですが、カードローンの場合にはそこの問題はないと覚えておきましょう。

カードローンは担保もいらない

カードローンは利用時に保証人がいらないという事は、前述で解説をした通りになります。
となると次に気になるのが担保の事だと言えるでしょう。
実際のところ、カードローン利用時には保証人同様に担保というのも必要がありません。
自分の身一つで、特に担保などがなくても申込みができ審査に通ればどなたもキャッシングでお金を借りる事ができるのです。
保証人も担保もいらずでお金を借りる事ができるという、従来のお金を借りるイメージとは異なった特徴をカードローンは持っていると覚えておきましょう。

カードローンの利用を今後お考えになっていて、その時には保証人を用意しないといけないのか疑問に思われていた方、不安に思われていた方々は上記の事を参考にしてみてください。
そうすれば、疑問や不安は解消できると言えるでしょう。

主婦はとくに注意!カードローンをちゃんと返済するために

返済計画をたてて借りる

カードローンでのテレビCMでよく耳にする「計画的な返済を」といったフレーズ。そんなことは当たり前と思いますが、実はちゃんと計画をたてないまま申し込みをする方が多いのが現状です。

いくら金利が安くても自分の返済期間をしっかり踏まえてから選ばないと結局は返済が厳しくなってしまったり思っていたよりも返済額が多くなってしまったりすることもありえるのです。

金利の確認も大切ですが返済期間もちゃんと考慮してから選ぶようにしましょう。

また、返済方法によって金利の額も変わってきますので、その点も含めて自分に合った方法を見つけましょう。

ここでは消費者金融の返済方法をご紹介します。消費者金融は銀行からの借入れや口座振込み、現金書留などが主でしたが、それに加えてさまざまな方法が増えています。

カードローン業者の店舗が近くにある場合でしたら振込み時の手数料もかからない店頭窓口での返済がおすすめです。
また、ATMでの返済も可能です。
借入れ先の業者が提携しているものもあり、コンビニですから入りやすく24時間いつでも返済できますので便利です。
最近では人目を気にせずに返済ができるという理由で、ATMで返済を済ませる方も増えているそうです。

他にもネットからの返済方法があります。
これは自分が持っている銀行口座のインターネットバンキングを使って返済する方法で、こちらも時間を気にせずに利用ができて店に出向く手間もいらないため利用される方が増えています。

こういった返済方法を知り、自分で返済のシミュレーションをしっかり行って返済の計画をたててくださいね。

専業主婦に知ってほしい!カードローンにはデメリット

カードローンといえばメリットが多く利用者も今は少なくありません。
しかし、実際に自分がそのカードローンを使うとなったら、メリットだけではなくデメリットがあるのかも知っておかないと不安だという方は多いでしょう。
そこでカードローンのデメリットに関してしっかりとここで解説をしていきますので、一読してみてください。

気軽にお金を借りすぎてしまう危険性がある

カードローンというのは、無担保保証人不要、さらには申込みをしたその日のうちにお金を借りる事ができるサービスまであります。
これらの特徴を知っただけでも、非常に使いやすい、使い勝手が良いものだという事がわかるのではないでしょうか。
しかし、こういった使いやすさこそがカードローンのデメリットにもなり得るという事を覚えておきましょう。
気軽にお金を借りたい時に借りられると言う事で、必要以上にお金を借りすぎてしまうという事態に陥るケースが実際に少なくありません。
ですから、カードローンを使う時には、その使い勝手の良さという誘惑に負けてしまわずに、自制心をしっかりと持って使う必要があると言えるでしょう。

利息は高い傾向にある

カードローンの使い勝手の良さは大きなメリットですが、一方で利息の面では銀行などの融資に比べれば当然劣ります。
クレジットカードのキャッシングに比べれば多少は安くなりますが、それでも高額のキャッシングを長期間するという場合にはバカにできない金額の利息がついてしまいます。
カードローンによっても利息は異なり、特に銀行系カードローンと呼ばれるものは消費者金融系カードローンと呼ばれるものと比べると利息は低くなります。
とはいえ例えば最低金利の平均は3%、最高金利の平均は15%程度となっています。
最低金利が適応される事はまずなく、最初は最高金利付近からスタートするのがほとんどなので、やはり金利が低いとは言い難いと言えるでしょう。
これは避ける事ができないデメリットとして、覚えておくべきだと考えられます。

カードローンの利用について!私の失敗談

初めてカードローンをしたのは5年前からでした。
当時は結婚したばかりで、まだ子供もいませんでした。
旦那のお給料だけでも、貯金する余裕もあったのですが、仕事もしないで家にいるとストレスが溜まり、ストレス発散のためにショッピングしたり、エステに通ったりしていました。

夫にバレないようにうまくやりくりしてましたが、結局バレてしまい、旦那が家計簿をつけるようになりました。
その時、仕事を始めたらよかったのですが、2年ぐらい働いていなかったので、仕事をする気がなくて、その時初めてカードローンを利用しました。

カードローンで失敗

20万円程お金を借りて、支払いは月々10,000円ということで余裕を持って返済できましたが、しばらくするとまた美容に関しての欲が出てきてまたカードローンを申し込みしました。

お金を借りては返してと、繰り返し利用するようになって感覚がマヒしてどんどん借りてしまいました。

総額が上限の50万円に達したときに、別のカード会社からキャッシングをして、別のカード会社の支払いなど自転車操業を繰り返していました。

月々の支払いが6万円になったときには流石にこのままでは危険と感じ、夫に正直に話して全額返済しました。
現在はパートしているので自分で使えるお金も自分で稼いでいますが、生活費が足りなかったり、緊急時にお金がいる場合に限り利用しています。

公開日:
最終更新日:2016/07/06