専業主婦でもお金を借りられる?カードローンをお探しの方のために、カードローン会社を比較しています。審査が甘いというわけではありませんが、金利や返済方法などを比較し、無理なく借りれる会社を選ぶことをおすすめします。銀行カードローンなら専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明書が不要でも申込める

カードローンの金利比較と利息の計算

   

クレジットカードのキャッシングとカードローンは似ていますが違いがあります。
クレジットカードは入会審査からカード受け取りまで日数が掛かる事が多いです。
急ぎでお金を借りたい時には不向きとなっています。
さらにクレジットカードのリボ払いは金利が高めです。
カードローンは即日融資が受けられるものが多く、急ぎでお金を借りたい時に便利です。
クレジットカードのリボ払いより金利が低めのカードローンが多くなっています。
その他にもクレジットカードのキャッシング枠よりカードローンの利用限度額のほうが高いと言うメリットがあります。

カードローン金利 相場表

返済のシミュレーション

カードローンによって金利が違いますがある程度の相場があります。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック 年4.6%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~年14.5%
みずほ銀行カードローン 年3.5%~年14.0%
(コンフォートプラン)
アコム 年4.7%~年18.0%
アイフル 年4.5%~年18.0%
モビット 年3.0%~年18.0%
プロミス 年4.5%~年17.8%

金利を比較する時は最少金利ではなく最大金利を用いるのが基本です。
それは新規お申込みした殆どの場合で最大金利を適用するカードローンが多いからです。
信用力や返済能力が高い方は低い方より金利が低くなる事がありますが、最大金利を用いたほうが比較しやすいです。
それを踏まえて比較すると消費者金融より銀行カードローンのほうが金利が低くなっています。

カードローンのシミュレーション(利率計算)

分かり易くするため実際にカードローンからお金を借りた場合のシミュレーションを行ってみましょう。

利息を算出するための計算式がこちらになります。
(利息=元金×金利×借入期間)

分かりやすく、金利年10.0%のカードローンで10万円借りて1年(12回)で返済した場合、
1回目の返済額は9,792円で2回目以降は8,700円となります。

返済総額は105,492円となり利息分は5,492円です。

これが金利年14.5%のカードローンで10万円借りて12回で返済した場合は、1回目の返済額は9,024円で2回目以降は9,000円となります。

返済総額は108024円となり利息分は8,024円になる計算です。
金利年18.0%のカードローンで10万円借りて12回で返済した場合だと、1回目の返済額は9904円で2回目以降は9,100円となります。
返済総額は110,004円、利息分は10,004円となります。

金利年14.5%のカードローンより金利年18.0%のカードローンのほうが1,980円利息分が多くなるのです。

これより借入金額が多くなるほど支払する利息分も多くなります。

そのためなるべく金利の低いカードローンにお申込みしたいところです。

<返済シミュレーションに役立つサイト>

返済シミュレーション|ご返済について|プロミス公式サイト
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control

利息計算
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/Risoku/risoku.html

シミュレーションはあくまでも概算の計算なので正確では無いです。
毎月一定額に調整されるカードローンもあります。

その他にもアコムやアイフル、プロミスでは初めて契約される方限定で無利息期間サービスを提供しています。

これを計算に入れるとさらに支払する利息分が少なくなります。
消費者金融や銀行カードローンのホームページで返済シミュレーションを用意していますので、利用を検討しているカードローンのホームページにアクセスしてみて下さい。

専業主婦 お金借りる

 - カードローンの基礎知識