専業主婦でもお金を借りられる?カードローンをお探しの方のために、カードローン会社を比較しています。審査が甘いというわけではありませんが、金利や返済方法などを比較し、無理なく借りれる会社を選ぶことをおすすめします。銀行カードローンなら専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明書が不要でも申込める

カードローン申し込み時に必要な書類

   

カードローンに申し込みする時には必要書類の提出が必要です。
必要書類には本人確認書類と収入証明書類と2種類あります。

必要書類を確認

本人確認書類

カードローンではお申込みした人が本人であるかどうか確認するために本人確認書類を提出して貰っています。
運転免許証、各種健康保険証、パスポートなどが本人確認書類です。
運転免許証を持っていれば此方が便利です。

収入証明書類

消費者金融会社や信販会社など貸金業者のカードローンの場合は総量規制の対象となります。
この総量規制のため貸金業者からの借入総額は原則年収の3分の1までとなりました。
このためカードローンではお申込者の収入を調べる事が必要になり収入証明書類を提出して貰っています。
収入証明書類は源泉徴収票、所得証明書類、納税通知書、確定申告書、給与の支払明細書などです。

提出不要になる事も

この収入証明書類の提出は必ず必要と言うわけではなく一定の条件さえ満たせば提出不要となります。
希望限度額50万円を超える場合、希望限度額と他の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合に提出が必要となります。
そのため限度額50万円以下を希望する、他社から借入している人は希望限度額と併せて100万円以下にしておくと提出が不要になるのです。
ただしお申込み内容によっては提出が求められる事があるので必ず提出不要になると言うわけでは無いです。

銀行のカードローンでは

銀行のカードローンの場合は総量規制対象外となっています。
一定以上の限度額を希望すると収入証明書類の提出が必要になる銀行のカードローンが多いです。
200万円以上、300万円以上などカードローンによって提出必要となる境目が異なります。

提出方法

本人確認書類や収入証明書類の提出方法はカードローンによって、お申し込み方法によって異なります。
インターネットでお申込みした場合、ケータイやスマホのカメラ機能で撮影し画像化してメールで送信できるカードローンがあります。
中にはスマホアプリで画像を提出できるカードローンもあって便利です。
郵送でお申込みする場合はスキャナやプリンタなどでコピーを取って提出します。
自動契約機からお申込みする場合はそのまま持参するだけです。"

専業主婦 お金借りる

 - カードローンの基礎知識