専業主婦でもお金を借りられる?カードローンをお探しの方のために、カードローン会社を比較しています。審査が甘いというわけではありませんが、金利や返済方法などを比較し、無理なく借りれる会社を選ぶことをおすすめします。銀行カードローンなら専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明書が不要でも申込める

他社から借り入れがあってもカードローンから借りられる?

   

現在既にどこかでお金を借りていて、そこからまた新たにカードローンを作りたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかしそんな時に多くの人が不安に思われるのが、他社から借り入れがある状態でカードローンの審査には通る事ができるのか、またそもそも申込みができるのか、というポイントなのではないでしょうか。
それらの疑問や不安を、これから解消していきます。

他社から借り入れがあってもカードローン申込み可能

他社から借り入れがあるような状態でも、カードローン申込み自体は問題なくできます。
申込みの方法は、他社から借り入れがある場合にもそうではない場合にも変わりません。
ただ必要事項記入の際に、他社からの借り入れを記載するだけです。
しかしここで一つ注意をしないといけない事があります。
それは、例えば審査に不利になってしまいそうだからといって他社からの借り入れを隠してしまったり、また金額を少なく誤摩化してしまうというような事をしてもすぐにバレるという事です。
こういった情報というのは金融会社同士で共有していますから、照会をすれば正しい情報がわかります。
ここで虚偽の報告をしてしまうとカードローンは作れなくなってしまう可能性が高いので気をつけるようにしましょう。

他社から借り入れありでの審査について

借り入れが既にある状態でもカードローン申込みはできるという事は前述の通りですが、審査に関してはどうなのかという事についても解説をします。
実際のところ審査についてはカードローンごとに基準が明らかにされていませんから、一概に大丈夫、一概ダメなんていう事はいえません。
ただ傾向としては、他社から借り入れがあると必ず審査に落ちるなんていう事はまずありません。
金融会社がそれぞれ設定する条件などを満たしていれば、他社の借り入れがあっても審査には通ります。
要は返済能力があると判断されれば、他社から借り入れがあってもまたカードローンを作ってお金を借りる事ができる、と覚えておけば間違いないでしょう。

カードローンの審査では他社から借り入れ額と借入件数をチェック

カードローンの審査では他社から借り入れ額と借入件数をチェックしています。
もし年収に対して他社から借り入れ額が多すぎると審査に落ちてしまう事があるので注意が必要です。

複数の会社あkら借り入れがある場合

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっており、年収3分の1以上は借り入れできないです。

例えば年収が300万円だと90万円までの借り入れとなります。
他社から借り入れ額が30万円あると残りの60万円までとなる計算です。
他社から借り入れ額が多ければ多いほど余力が少なくなります。

しかし返済を継続し他社から借り入れ額が減れば余力が回復します。

一度余力がなくなるともうどこからも借りられないと言うわけではありませんので心配する事は無いです。
消費者金融のカードローンでは審査の際にご利用限度額も決めています。

年収の3分の1一杯までご利用限度額が設定される事は少ないです。

余裕を持たせたご利用限度額が設定される事が多く、実際には年収の3分の1より少なくなると思ったほうが良いです。

銀行のカードローンは貸金業者ではないため年収の3分の1までと言う総量規制に縛られないです。
しかし消費者金融より審査に厳しい傾向があるため、年収に対してそれ程高いご利用限度額は設定されないです。

借入件数のほうを重視

カードローンの審査では他社からの借り入れ額より借入件数のほうを重視しています。

大手消費者金融では借入件数3件まで、借入件数4件以上になると審査が厳しいです。
中堅消費者金融では借入件数4件まで、5件以上になると多重債務に陥っていると見なされてしまいお金を借りるのは難しくなります。

借入件数が多い方はなるべく少なくしてからお申込みして下さい。
他社から借り入れ額や借入件数は個人信用情報をチェックすればすぐに分かります。

他社から借り入れ額や借入件数の申告が求められた場合は正直にお答えして下さい。
もし嘘の申告をしてもすぐにバレてしまい、かえって審査に落ちやすくなるので止めたほうが良いです。

専業主婦 お金借りる

 - カードローンのQ&A